外構(エクステリア)工事いろいろ

室内の内装(インテリア)に対して、門やフェンス、カーポートや庭、植栽など建物の外にあるあらゆる構造物を外構と呼びます。近年では構造物を含めた空間全体をエクステリアと呼ぶことが増えてきたようです。

ひとくちに外構を工事すると言っても様々な種類があり、それぞれの家にとって求めている工事は異なります。

この記事では外構工事の種類とその例を多数紹介します。あなたに合った工事が見つかるかもしれません。

門扉

門扉は、建物の「顔」として非常に重要な要素です。開閉式やスライド式などさまざまなタイプがあります。

門扉は道路と建物の境界線を示すだけでなく、防犯上の役割も果たします。壁やフェンスが門扉のそばにある場合は、門扉の色や形状、テイストを統一することが重要です。傷に強い塗装にしたり、扉に美しいデザインをいれたりすることもできます。

表札・ポスト・インターホン

玄関アプローチ

アプローチとはどこかまで至る道のことをいいます。玄関アプローチというと門から玄関に至る短い道のりの部分のことを指します。通路の素材には、タイル、レンガ、石材、コンクリートなどさまざまな素材が用いられます。 素材によって印象が大きく異なるため、家の外観と一体となったエクステリアデザインを考える際には、通路も含めてどのようなイメージにしたいかを考えることが重要です。

ガレージ

カーポート・サイクルポート

雨や日差しから車体を守り、長持ちさせるために便利な施設です。

物置・倉庫

塀・フェンス

塀は、家の敷地と道路や隣家との境界を示す囲いです。また、外部から家の内部を視界から遮ることで、プライバシーを保護する役割もあります。コンクリート、タイル、レンガなどの素材が選択できます。

フェンスは塀と同様に、境界を示す効果や外部からの目隠しの効果、敷地内への不法侵入を防ぐ防犯効果があります。フェンスを設置することで、外観だけでなく内部から外を見た印象も大きく変わります。そのため、フェンスの高さ、大きさ、形状、色などは慎重に選ぶ必要があります。塀よりは安価な傾向です。

塀の撤去

塀の設置とは逆に古くなった塀を撤去してオープン外構にする例もあります。

砂利・芝生・池

ウッドデッキ

テラス・ガーデンルーム

植栽

砂利・除草シート

照明

水栓・水受け

Copied title and URL